スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

バーテンダー

2011.02.18 Friday

極めれば深くて豊かな世界、職人の仕事場は憧れ。

[バーテンダー]

抜群のセンスを持ちながら「プロだがホンモノではない」と言われ
一度は挫折したバーテンダー佐々倉(アイバちゃん)の成長物語。

一話完結のエピソードを積み重ね
ホンモノのバーテンダーとはなにかを追究する。

毎回カクテルの作り方とまめ知識付♪金曜の夜のお楽しみ的ドラマ

雫んのワインの師匠だった竹中さん
今回は佐々倉をクビにするオニの師匠の役だす。

ライバル、Mr.パーフェクト葛原(あっくん)のハンパない目力
(パパ譲りだね、つくづく)

貫地谷さんと尾美くんが揃うと[あんどーなつ]ぽいけども(^_^;)

それにしても詐欺師をも見抜くバーテンダーの洞察力
なんだったらバーテンダー刑事(デカ)もイケそ(コラコラ)

つか、光石さんと良々くんとアイバちゃんがいるバーって
どんだけ癒されるか…行きてー。

                

新・連ドラスタート

2011.01.13 Thursday

[美咲ナンバーワン]



ちょいちょい[ごくせん]ぽいのはしょーがないのか???(苦笑)

ミニスカで敵陣に乗り込むからハラハラしてると
やっぱり逆光スモーク付で登場
しかし、六本木の町内会!?の援護で
立ち回りなしであっさり解決するとこがちとゆるい(^_^;)
爽快感はいまいち…かも。

財前ママ、お水の花道を極めちまいましたね。
戸田恵子教頭も実はお水だったてことはバレてないのか?(こらっ)

スナコひゃんお外に出ても不登校(オイ)
キスマイはまぶしくないのか(話ちがいますよ)

なんだかいろんな要素が勝手に膨らんで集中出来ないワタシを許して
しばらく見守りますから。


[告発〜国選弁護人〜]

久々の古畑…もとい正和さま

出たっ!!木村多江さんのただ者ならぬ感じがたまらんス。
まさかの死体からの登場でビックラな有起哉くん!!!

事件自体は相当入り組んで面白そう。

正和さまと橋爪さんのシブイ絡みも楽しみ

で、娘が今後どう絡んでくるのか(アフリカ行ったけど)
亡くなった妻の妹はどこまで出しゃばるのか(こらっ)

つか、もはや細かすぎて伝わらないモノマネにしか見えない真矢みきさん

あきらめないで!!

いや、あきらめてないから



さて、今クールはどのドラマがゴールまで行き着くんでしょーか
                

劇的な試合の裏で

2010.11.07 Sunday

 [99年の愛]最終夜

おそるべし高畑淳子さんの回(オイ)
その芝居の深さにやられてしもた。



一郎の戦友役の片岡愛之助さんもキラリ。

ここぞというところに納得のキャスティング
そして、社運を賭けた(!)渾身の映像づくりと
福澤"ジャイ"克雄監督の丁寧な演出に引っ張られ
とうとう5夜連続ガッツリ見る(野球も観ずに)

ぼんやりとしか知らなかった日系アメリカ人の歴史が
だいぶリアルに感じられたりもした。

物語の後半は、渡る世間がもの凄く狭く善人ばかりになって
なんだか方々都合良く丸く収まっちまいましたが(笑)

どんな時代にも人は生かされ
どんな劣悪な環境にも生きる道を見いだし
生き抜く力を持っているらしい

過酷な時代を経て十分学習したはずでも同じ過ちを繰り返すのは
世代が替わるたびゼロからスタートする人間の哀しさだとしても

今日も明日も人は生まれ与えられた時間を精一杯生きるだけ

各世代、各方面へのいろんなメッセージの詰まったドラマだけれども
ワタクシはここのところを頂きました。
                

大型犬の片想い

2010.11.04 Thursday

 [99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜第2夜]
にいちゃんの恋人に片想いでくぅんな大型犬・松ケンのせつなさよ



船から飛び降りて泳いでアメリカ再上陸の
しのぶさん(仲間)の愛に降参。

それにしても
イモト→ピン子さん、松ケン→上條さん
ツヨポン→貴一ッつぁん、仲間由紀恵→八千草さん
絶妙なキャスティングですなぁ

無駄に華がある右近さんも(圧倒的な存在感!/笑)

しかし

とうとう、やっちまったぜパールハーバー
ここから物語は一気にキビシイ展開になるのか
                

女優・イモトアヤコ

2010.11.03 Wednesday

文化の日ですね(いちおー言ってみた/オイ)

[いいとも!]
突然のゴローさん登場にビックラ
そして謎の50代独身男性との同居ネタはいいのか?(^_^;)

ナビスコ杯決勝
延長戦になってからの両チーム怒濤の撃ち合いを
えーーーッ!!とか あーーーっ!!とかいって観て
久々にタイトルを手にしたサックスブルーに
ちょっとシミジミしたり

で、ザイルが盛り上げる[世界バレー]の後は

[99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜]
ツヨポンの誠実な日本男子ぶりにクラッとしつつ
肝の据わった明治女を体当たりで演じた
女優イモトのリアリティに1万点の第一夜。




                

月恋最終回

2010.07.05 Monday

蓮介さんが終わった。

ま、そうだろな…てとこに着地(^-^)V
女子が全員男前…いや、結局登場人物全員[いいひと]だったのね(笑)

そして、弱った蓮介さんがずるかった。


↑木村拓哉史上一位(だと思う)空港でのダサうるシーンに萌♪

ツッコミどころ満載だったけども

ラストは月9らしくウェディングドレスで疾走

みなみ〜

あ、ちがぅ(^^ゞ


蓮介さんのブログも楽しかった。

蓮介さんを脱いでもどっかで続けて欲しい気がするけど
お約束の[期間限定]てヤツですわね。

もうコンリハ始まってるらしいス。

                

[マイガール]#05

2009.11.08 Sunday

有起哉くんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

の回でした(笑)

すでに[なにかあるオーラ]出まくりだったマネージャー林の
ヒミツが明らか!!!(全然隠してないとこも男前なんだが)

カメラマンの道を断念して、働く妻に代わって家事育児一切をこなす。

マサムネが子持ちと知って、寄せた眉間の深いシワには
こんなワケがあったのね。

しかし



なにあの「エプロン担当になった」林の可愛さ♪

あ〜もぉ〜ジュースこぼしたぁ〜

て!!!

ホレてまうやろ〜

いや、もうすでに(^^*ゞ

自分の夢と子育ての両立に悩むマサムネは
林の生き方を見て、更に迷うが

「マサムネくんの笑顔がコハルのお天道様」

コハルのひとことに
夢に向かって頑張る決意をする。

ちょっと拗ねてみせたり、背中を押したり
出来たカノジョだよ、まったく(いや、娘だから)

==========
[拍手]+コメントありがとうございます。
                

[マイガール]#02

2009.10.17 Saturday

さわやかな秋、乾燥しまくる空気。
水分が抜けてパリッパリのお肌とシバシバのドライアイを潤す

正宗くんとコハルちゃん。

大きな父性愛にガッツリ包まれるお花屋さんと雫とは対照的な
ぎこちなくてイッパイイッパイの相葉パパの奮闘。


「三つ編みして下さい」つっても…

ま、そりゃそうだよね5歳ではじめましての親子なんだから

年上彼女の身の引き方に納得できるような出来ないような…
細かいところのリアリティはひとまず飲み込んで(^_^;)

シングル親子のぶちあたる問題は概ね見当がつくけれど
日々の積み重ねと関わる人々の描写が丁寧(なにげに豪華キャストだし)で

ハラハラもさせられるが、どこかファンタジックな演出に救われ
ラストはうっかり泣かされてしまう。

コハルちゃんの「ハイ」と「ヘーキです」は反則ス。

相葉ちゃんの魅力全開

しかも、また主題歌が…

ずるい。

これ深夜ドラマじゃないなぁ〜

いや、深夜だからいいのか…。

==========
[拍手]+コメントありがとうございます。

あッ!!
続きを読む >>
                

WELCOME!〜ようこそ〜











(c)2006-2017smamom

当サイト内イラストのお持ち帰り、無断転載、加工、配布は固くお断りします。




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ありがとう! また来てね♪