スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

[陽気なギャングが地球を回す]

2007.10.29 Monday


劇場に見に行きそびれた映画、DVDで見ました。

最近某所で盛り上がっている[重力ピエロ]の著者、伊坂幸太郎原作。
前田哲監督のキレのある映像で、むちゃくちゃポップなギャング映画になっている。

キャストもこの上なく正解で、相変わらず圧倒的な存在感の浩市さんをはじめ主要人物はもちろん、要所要所に好みの役者が配置されていて、そーきたか、こーくるかの連続。
動物を愛する天才スリ師役の松田翔太くんも初々しくカワユシ♪

リアリティがどーたらツッコむ隙も与えないスピード感、巧く丸め込むエンディング。(誉めてます/笑)
面白かった。

で、ゾウを冷蔵庫に入れる手順は案外キホン的な答えでよかったんですね。
キリンはゾウを出してからね(笑)
続きを読む >>
                

[HERO]

2007.09.11 Tuesday


[HERO]見ました。
亀山Pと大田部長の罠にまんまとハマるすままま@彡です。

フジテレビの、その手口
巧すぎる、ツボすぎる〜しかも、ちゃんと面白い。

まぁ〜、マスターがキューピットだったなんて
カワユス〜♪

[踊る〜]のすみれさんといい、[HERO]雨宮といい
男前な女子の恋心に激しく共感。

幸四郎さんと児玉清さんのツーショットはやはり重厚。

貴一っちゃんヒゲがどろぼー(コラーッ)

…いろんなこと言ってしまいたいけど我慢します。
                

西遊記

2007.07.17 Tuesday


ここ10数年の日本映画の進化を目の当たりにするようなエンタテインメント。キャスト、スタッフ、各部署でいい仕事してまっせ。

CGに負けてない悟空。最終的にスーパーサイヤ人化(笑)

多部未華子ちゃんめちゃめちゃカッコイイっす。

あ、カメ…。

ま、それ以上は言えませんけど…
面白かったです。
                

[ハチミツとクローバー]

2007.01.30 Tuesday



結局、映画館へは見に行けずDVDを買ったものの、ようやく今ごろになって見ました[ハチクロ]

コミックではコロボックル級に小さい"はぐちゃん"を、蒼井優ちゃんがどうやって演じるのかなと思ってたら、すごくラブリーでよかった。翔くんはアイドルのキラキラオーラを見事に消して、どっから見てもサエない竹本くんになっており、奇才森田センパイを伊勢谷くん"素"のアブナさ?!全開で怪演。クールというよりおっとりした加勢亮くんの真山もいいカンジ。あ、関めぐみちゃんの山田は凶暴化しなかったな(笑)

まぁ、"せつない片思い"の甘酸っぱい青春ストーリーだけど、「美大」てとこがツボ。

10代のおわりから20代のはじめに、あんな環境で絵を描きながらワチャワチャ青春するのが夢だったなぁ〜(遠い目)なんてね。

どうして人は絵を描くのか…
はぐ「描きたいから、描かずにいられないから描く」

これは本当〜その衝動は抑えられない。

                

木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ

2006.10.31 Tuesday



木更津〜キャッツ、にゃ〜猫キャッツ、にゃ〜猫キャッツ、にゃ〜猫

見ましたよ「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」どこがワールドなのかと思ったら、なるほどワールドだったわ、いや「なるほど・ザ・ワールド」じゃなくてね、ロシアとかアメリカとか韓国とか〜ハイ消えたぁ〜 え゛ーーーーっ?!

今回は、ぶっさんが、オジーがバンビに、いや、ゾンビに〜だめだ限界これ以上言えない〜とにかく「ばいばい」なんだ。
                

かもめ食堂

2006.04.11 Tuesday



美味い料理を作って人に食べてもらうことに喜びを感じられる人は凄い〜そして、良くも悪くもアクシデントが人生を動かす。

フィンランドで「かもめ食堂」を切盛りするサチエ(小林聡美)の芯の通った、それでいて頑張り過ぎもせず頑張らなさすぎでもない「いい塩梅の」生き方がいい。それぞれ事情は違うが食堂を手伝うことになる旅行者ミドリ(片桐はいり)もマサコ(もたいまさこ)も独自の世界を持つ「オトナの女」で、恋愛なんか1ミリも絡まない話だけど、胸の深いところをグッと掴むニンゲンの魅力というものを思い知らされる。

大事件もスペクタクルもない、フラッとジョニー・デップが現れたりもしない(←ショコラかよッ)日常の物語に、気がつくと大きく揺さぶられている感情〜明日からまた元気に生きていけそうな気分になれる。

しか〜し、一番ヤラレたのは、エンディングの♪クレイジーラブ/井上陽水〜かも知れない。これ以上の選曲はないというくらいにハマる。しかも大好きな曲だった…というのをいきなり思い出す。ず、ずるい、鈴木茂のギターで泣いてしまうではないか(笑)

一年半ぶりの劇場映画鑑賞復帰?!にふさわしい「いい映画」だった。次は何見よう。

もたいさんとエアギター…ありですよね。
続きを読む >>
                

WELCOME!〜ようこそ〜











(c)2006-2017smamom

当サイト内イラストのお持ち帰り、無断転載、加工、配布は固くお断りします。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ありがとう! また来てね♪