スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

愛があれば大丈夫…だった

2010.02.01 Monday

夜、気づいたら雪が積もってたゆき
天気予報当たるね。

何気に見ていた今日の[HEY!×3]
なんだか最近の歌番組は過去を振り返ってばかり

そんなに今の楽曲が頼りないのかと思ったら
広瀬香美センセ(@チャンカワイ)のヒットメドレーを聴いて
サクッと謎が解けたような気がする。

時代の勢いもあっただろうけども
90年代初めまではあんまりぬるい音楽はヒットしなかった。

これでもかとエッジ効きまくりの詞と曲とアレンジを
これでもか!!な歌唱力で…。

♪愛があれば大丈夫

誰かに寄りかかって生きるんじゃなく
恋愛も自分始動、肉食系女子のポジティブソング

♪ゲレンデがとけるほど恋したい に至っては

私を失ったらあなたの人生終わりだよ

と言い放つゼッコーチョーぶり(笑)

とにかく
勘違いでも強がりでも当たって砕ける勇気があった。



こうしてみると、いま、人はどんだけ弱ってるのかと思うね。

どうせ良くはならないのなら
みんなで手をつないでゆっくりだんだん悪くなっていこう
という困った流れがあり

みんなが曖昧に優しくいい人ぶりだして
つまんなくなっているのかも。

せめて音楽ぐらい、ストレートに
パワーをくれるヤツが聴きたくなってんじゃない?




スカッとしてみませんか?

==========
[拍手]+コメントありがとうございます
                

音楽のはなし

2010.01.17 Sunday

ヤマナデまつりの後、週末は良質な音楽番組が続いた。

[僕らの音楽♪]
ラブサイケデリコ×香取慎吾



暮れのFNSで久々に見て、やっぱりカッコよかったス。

今回の佐野くんとのコラボも
音楽的根っこが一緒だから当然の流れだろね。

デリコの新譜は前作から2年半ぶり

一方、2年半の間に4,000本くらいシゴトしてるという慎吾

音作りの部分に関わることなくCDを出してきたアイドルは
マイクの位置決めから始まるレコーディングに興味津々

徹底した音作り職人でありながら
その緊張感は感じさせずに心地よい音を聴かせたいというデリコ

それはSMAPが毎回苦しんで生み出すLIVEと似てるかも。

夢を見せるシゴトに苦労が透けて見えては駄目なのだ。

「テレビにSMAP全員並んだだけで夢がある。
エンタテインメントが始まってる感じ」とNAOKI

よくぞ言ってくれました。
あのウルトラ兄弟集結!!的なワクワク感はSMAP独特のもの。
 
[SMAP×SMAP]での共演が実現するといいな。

----------
[荒井由実・ひこうき雲の秘密]

ユーミンがキャラメルママのメンバーと
アルバム[ひこうき雲]の音源を聴きながら
レコーディング当時のエピソードを語り合ったり
軽くセッションしたり…の大人な時間。

気がつくと全曲ソラで歌えるもんなぁ〜(笑)

荒井由実時代の雨や霧の世界が好きで
[ひこうき雲]と[MISSLIM]は高校時代繰り返し聴いた。

細野さんのシビレるギターパートあざ〜す。

「狭い部屋で打ち込みだけで音楽作ってる人はかわいそうだね」

思わず漏れる本音。

生身のミュージシャンがアイデアを出し合って
作っていく現場でしか生まれない音がある。

演奏している人の体温や呼吸まで刻まれた音源は
何年経っても聴く人のココロを揺さぶる。

そゆことだね。

==========
[拍手]+コメントありがとうございます
                

歌の力

2009.12.27 Sunday

クリスマスが終わると一気に年末モード。

と、その前に

今年の[クリスマスの約束]はスゴかった。
ということを書いておかないと。

歌の力をまともに食らった[22'50"]

最初の一声で一気に自分の世界に引き込む力を持つ
真のアーティストたちの歌。

彼らが束になった時のとてつもないオーラを目の当たりにして

なんでだろ〜なんだか泣けました。

「小田さんは変わった人ですが悪い人じゃないと思いました。」
は、松たか子さんの名言

アタマで考えていることを超えたその先に
開ける世界があるということを実感。

確かにずっしりと温かい何かを受け止めましたよ。

完敗してるのに元気が出たね。



==========
[拍手]+コメントありがとうございます
                

[THE SONGWRITERS]矢野顕子

2009.09.05 Saturday



本当のことを知ったから うそには戻れない

1976年に矢野顕子を知ってから
ウソには戻れなくなった。

そして、
何時いかなるときも揺るぎないアッコちゃんを見て聴いて
自分の立ち位置を確認する。

しばらく[さとがえるコンサート]にも行ってないが
次のチャンスには行ってみようかなと思う。

あまりにも簡単に号泣したり発狂?!したりする人が増えて
うすっぺらい[感動]に嫌気がさすきょうこのごろ

その言語表現の貧しさにがっかり…ともいうが(言ってもーた/汗)

実はちっとも胸にこない音楽を
寛容な振りをして聴くのがツラくなっている。

絶妙なタイミングで答えが出たようだ。

共感できないものはできないと正直に言っていいんだ

…と。


==========
[拍手]ありがとうございます
                

[THE SONGWRITERS]松本隆

2009.08.08 Saturday

佐野元春×松本隆

個人的に待ってました!!

男性特有のロマンティシズム
風街ワールドに
10代のココロをどれだけ震わせたか

ずるいよなぁ〜
オジサンになっても透明感を失わない感性てさ。

とても50代と60代のひとが話してるとは思えない空気
やんなっちゃうね。

[微熱少年](ブロンズ社/昭和50年初版)


また読み直してみようかな。

----------
イラスト追加しました↓
KAT-TUN SUMMER'09 SENDAI
未だ増えるよ

==========
[拍手]+コメントありがとうございます
[web拍手]ありがとうございます
                

[THE SONGWRITERS]小田和正

2009.07.05 Sunday

今日は、ブログはかめタンにまかせて?!(オイ)
5月〜6月の滅私奉公以来荒れまくってる部屋(危険雑誌タワー崩落寸前!!)を片付けようと思っていたのだが

朝、二度寝して起きたのが10時!!←すでに出遅れ感濃厚

[いいとも増刊号]見ながら遅い朝食を食べて洗濯して…
とかやってたらもうお昼。

そのうちHDDの整理をし始め、テレビ前で半日過ごす。

そうそう、昨日の夜録画してた
NHK教育[THE SONG WRITERS]が面白かった。
佐野元春と小田和正


実は20代のころ佐野くんのファンクラブに入ってました。
(思えば、この人も魚座のB型)

♪アンジェリーナ にやられ ♪SOMEDAY にもってかれ
[MOTOHARU RADIO SHOW]で
甘く切なく胸焦がす洋楽をたくさん聴いた。

オフコースの良さが分かるのはずっと後になってからで
全盛期にはなんとなく避けるように聴いてなかったけども
あの頃、小田和正を理解してファンだった人はスゴイなと思う。

あれから30年〜(@きみまろ/笑)

タイプは違うけれどもいい感じに年齢を重ねて
気負わずシンプルに向き合うふたつの才能。

見てたら、なんかウレシかったな。


==========
[拍手]+コメントありがとうございます。

[読者アンケート]終了しました。
ご協力いただいたみなさまに感謝します。
                

さよなら清志くん

2009.05.03 Sunday


1980年の清志くん(@smamom'80)

それこそトランジスタ・ラジオで聴いていた深夜放送で
中2の夏にRCとミカバンドとはっぴいえんどに出会った。
そこから全てが始まってる気がする。

♪ぼくの好きな先生だったか、1stアルバムだったかの
キャンペーンで地元のデパートの屋上に来たRCを見た。
それから10年後地元の野外コンサートで♪ステップ!を聴く。

今日は[PLEASE]を聴いている。

今はブルースを知らずに音楽やってる若僧も多い
R&Bは耳当たりのいい小ジャレた音楽になってしまったけど

ぼくたちはオーティスを、RCを、清志くんを
泥臭くてHでせつない歌詞と胸ぐらを掴むメロディーの力を知ってる。

それだけでシアワセだ。ありがとう。

ぽっかり胸に空いた大きな穴はどーしよーもないんだけども。
                

[SONGS]TOKIO

2008.12.17 Wednesday

♪宙船 ♪青春 ♪雨傘、楽曲に恵まれるTOKIO
というか、そうさせるバンドになったというべきなのか。

作家がビッグネームだからいいということでもないけれど
やはり才能のある人が作る楽曲には
聴く者の胸ぐらを掴むような力がある。

描かれた世界を確実に伝える気合いとセンスが求められ

ハマれば名曲になる。

「やりたいことをやらしてもらってないのに評価されるのはイヤだ」
と、もがいていた時代があって

とりあえず楽器を持たされたアイドルバンド

のイメージを払拭した♪AMBITIOUS JAPAN!
(そうか、これ筒美京平さんの曲なのね)

今、♪あきれるくらい僕らは願おう をスタジオでアレンジしていく彼らは
もはや、あきれるくらいミュージシャンの顔に(笑)



三十路の現役アイドルは中身詰まってます。
それは10代〜20代の試行錯誤、悪戦苦闘、全力投球の結果なんだね。

面白いス。
続きを読む >>
                

WELCOME!〜ようこそ〜











(c)2006-2017smamom

当サイト内イラストのお持ち帰り、無断転載、加工、配布は固くお断りします。




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ありがとう! また来てね♪