スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サプリ最終回

2006.09.18 Monday



[今週の見どころ]
仔犬不在につき
1.)移動するサーフボード
2.)なっちゃんに説教されるサーフボード
3.)荻さまに割り込まれミナミに声をかけられず、すごすご退散するサーフボード
4.)回想の中の仔犬
5.)地元の「わかば広告」で働く仔犬
6.)←海辺で風に吹かれる成犬
7.)ENJOY!オヤジのイラスト

[今週のセリフ]
地元に就職が決まった勇也に今岡が
「子供同士は別れ際、たくさんの約束をする。大人同士は別れ際、黙って相手の健闘を祈る…な感じで」と言いケータイを切る(ビバ!エンジョイおやじ)

[この先は激辛エリア]
※ハッピーエンドで終わりたい方は決して開かないで下さい。
10話のラスト、勇也追跡中に交差点で時計を見てハッとしたミナミ、てっきり天使が舞い降りてグッドアイデアが出たのかと思ったら、単に仕事を思い出して会社に戻るキッカケになっただけだった…。

ま、一事が万事このようにその場しのぎのデリカシーのない演出によって、かすかな望みをも断ち切られてきたワケだけど、ここドラマチックに展開できるとこだったのに〜そんなシロートでも分かるベタな演出はイヤですか?

で、わざわざ話を戻して、仕事に行き詰まるミナミは今岡から「商品の声を聞け」と言われて街に出て時計の写真を撮りまくる…なんて無駄なシーンを入れるハメになる。

一方、恋のライバルがいなくなった荻さまが、もう一度ミナミを口説くセリフ
「僕なら今後の予定立てられます、一生。〜明日の夜も、今度の週末も〜」
だーかーらー、そゆのイヤだから一人で仕事してんでしょ。しかも先の見える人生なんて面白くないわ。キミ真っ直ぐになったらそんな重いキャラだったんかい?

プレゼンで自分ストーリーを語りだすミナミ〜それに感動するクライアント〜は、なわけねーだろの集大成。

地元まで会いに来たミナミに勇也が「一丁前になったら迎えにいく」と言って、せつない別れのチュー(ガッツキロングバージョン/泣)かと思いきや、あっちゅーまに街でデートしてるエンディング。←ここの時間経過どーなってんの?100万年か?
しかもチューバックに「WATCH ing with you」の看板←コレが出来上がってるということは荻さまに「行けよ!」と言われてから直ぐに来たのではないということになるけど…?

やはり最後の最後までアタマの上に?マーク立ちまくりですわ。

今岡親子の心温まる家族愛のストーリー、もしくは勇也の成長物語の最終回ならギリギリ許せるかもしれないが、ミナミと勇也のラブストーリーにはどうしても共感出来ず、救いは愛らしい仔犬の表情だけ。とんだ"かませ犬"になってしまった荻さまも可愛そうでならない。

桜木、松井、三田の男おばさんトリオも、うまくすれば「踊る〜」のスリーアミーゴスくらいブレークしてもおかしくない役者を揃えながら、ちっとも生かせず埋没〜もったいない。柚木&ミナミにぶっちゃけガールズトークがあれば働く女のリアリティが出ただろうし、女子の共感を得られたはず。

くどいようですが、このドラマは原作とは全くの別物。呆れる程要点を外した引用に、軸の定まらない脚色と演出によって原作「サプリ」の世界感をすっかり潰してしまっているとんでもない作品です。

亀ちゃんが出てなきゃ三話以降は見続けることは出来なかったでしょう。こんなドラマを作っちゃいけません。連ドラなめたらいかんゼよ。ワタシは疲れた[emoji:e-403]

こんなことやってるとまた、大多亮さん現場復帰しちゃうゾ(笑)
それはそれでちょっと困るだろ(爆)

[もうひとこと]
ラブストーリーの主題歌は、イントロが出た時点でシビレるような色気のある楽曲でないとね♪(歴代月9主題歌参照)

[更にひとこと]
提供がSUNTORYだから例の仔犬の名作CMを使ったのだろうけど、何故今?…というギモンは拭いきれず。これも数々の置き去りにされた謎と共に封印か。
                

スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

comment
(≧∇≦)ブハハハ! 笑いながら読ませていただきました。 面白すぎ! すままま@彡さんなんなら演出やっちゃう? くらいだよね。 っていうかこれだったら私でも演出できそう! って思わせるくらいの体たらくぶりだった。(笑) 私も今岡親子がいなければとっくに2話くらいで スルーするところでしたよ。
開かずの間をあけたら・・・ 私も何気なく疑問に思ってたことが、 一つ、二つ、三つ、具体的に的確に書いてあって そーなのよー!!と、うんうん。 最後まで和みは、なっちゃん、今岡さんと勇くんの絡みのみでしたね。 KAT-TUNの曲に気がいってたからなのか、 最後に主題歌なったのにも気付かないありさまでした。
やっぱ、相手役の女優さんに対しては皆あまり良く思ってませんね。 私もですが(笑) 同じ年の差職場恋愛ドラマなのに「アネゴ」と比較してみると 「アネゴ」の方が良かった。 女優さんの演技は比べモノにならないからね。 私はただただ勇君の可愛さに、そして何て良い奴なんだぁってね。 もうミナミはどうでもよく勇君が良かったから今まで見てきました。 「アネゴ」の奈央子にはすごく共感できたのにミナミには 正直毎回なんて奴だ! もう良いように勇君をこき使って振り回して共感できる部分はあまりなかったです。 でも勇君に会えないのは淋しいです
拍手喝采 お〜〜 え〜〜い! 「ロンバケ」「ラブジェネ」のパクリか?てなシーンでしたよね。 毎週お疲れ様でした。 次作は楽しみなドラマになるといいですが・・・ 綾瀬はるかと言えば以前仁に似てる・・って話ましたよねぇ〜(笑) ・・・じゃ仁亀ドラマ??(爆)
  • しゃんくす
  • 2006/09/19 23:18
>みのむしさん たしかに今岡邸が一番の「サプリ」でしたね。 >樹梨さん 主題歌、KAT-TUNで良かったんじゃないかと 思ったりします(笑) >へなちょこガッパ。さん 美咲ちゃんがどうこうではなく、勇也も含め キャラ設定がまちがっていたのだと思いますよ。 >しゃんくすさん あざ〜す。 最後の方、北川悦吏子風味(1ミリ、100万年)が 入ってきてたのは亀ちゃんのアドリブかしら(笑) 「たったひとつ〜」の相手役 たまに仁ちゃまに入れ替わってたりしてヾ(-_-;) オイオイ
ふぅーっ☆ すまままさん、やっと終わりましたね^^ 毎回毎回、違う意味でドキドキさせられて^^; でも、今岡さんの、大人と子供の違いだけが 一貫していて、よく理解できました☆ 亀様が、この貴重な経験を大切に、一段と 成長してくれることを期待したいですよね♪
  • punipuni
  • 2006/09/20 10:45
>punipuniさん ツッコミ終わったら 100キロマラソン完走した気分でしたよ(笑) 足ツルし(爆) さ、リセットして次いきましょ。
リンクしました! お久しぶりというか覚えていますか?? 今日、あたしもblogpeopleに登録したところ、すまままサンがリンクしてくれてたので、うれしくてさっそくあたしもリンクしましたー!! よろしくおねがいしますっ^^
>AIさん。 リンクありがとうございます こちらこそヨロシクです。 タイトル変わったんですね、修正しておきました。
コメントする
★name(HN)は必須、email、urlは任意です。
無記名("匿名希望""名無し""とおりすがり"含む)、不適切な内容(誹謗中傷、広告、エントリーに無関係、NGワード使用)連続投稿などにより送信不可またはコメント削除になることがあります。イラストのリクエストにはお応えしていません。予めご了承下さい。










   

WELCOME!〜ようこそ〜











(c)2006-2017smamom

当サイト内イラストのお持ち帰り、無断転載、加工、配布は固くお断りします。




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ありがとう! また来てね♪