スポンサーサイト

2017.10.06 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

                
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

タロたんジロたんとおとうさん犬

2011.11.20 Sunday

プロ野球日本シリーズ
福岡ソフトバンクホークスの勝利
おっと、孫さんも胴上げだ(笑)
王さんも嬉しそう。

今年はリーグ優勝チーム同士の頂上決戦で
なんかスッキリ納得出来たね。

TBSの実況席には中居しゃん。
あまりに試合が長引くんで
裏の[黒バラ]と被るんじゃないかって
そしたら、大人の事情でそっと退席するのかな…て
勝手にハラハラしてたけどギリセーフ。

「南極大陸」も大幅に遅れたけども(汗)

予告では、氷室さん死んじゃうかと思わせといて
無事生還にホッ。

雪の中を走るタロたんとジロたんとリキたん
犬の魅力は、この必死さなのかも。



で、融通の利かない次期越冬隊長の判断で
犬たちが置き去りになったということか

とゆことは来週、愛菜ちゃんの「泣き」炸裂っスね。

リキ〜っ(竹内じゃなくて)
続きを読む >>
                

昭和時代

2011.10.16 Sunday

さて、とうとう始まった[南極大陸]
初回2時間SPで、人物紹介と南極観測隊出発までの経緯を一気に。



史実に基づくフィクションというのは
大筋と代表的なエピソードは既に知られてるので
飛ばすところは飛ばして行ってもいいんだね
むしろ、見る側の集中力がキレないかも。

今は猛獣にしか見えないタロたん、ジロたんを
あっちゅーまに手なずける倉持、ワンコ大好きオーラ出過ぎです(笑)

そいえば昭和30年代って、まだ野良犬や放し飼いの犬がいて
ワタクシ、幼少の頃追いかけられてイヌ嫌いになったとです(とほほ)

あの頃の飼い犬は番犬として外で飼われているから
今みたいな愛玩用の小型犬じゃなかったしね。

なんて…戦後10年、うっすら覚えているあの空気。

東京より何年かタイムラグのある地方都市では
1970年の大阪万博くらいまであんな感じだったかと。


で、これからは極寒の地で共に試験を乗り越える
オトコだらけのストーリー
楽しみス。(そこかよ/そこです。)
続きを読む >>
                
1

WELCOME!〜ようこそ〜











(c)2006-2017smamom

当サイト内イラストのお持ち帰り、無断転載、加工、配布は固くお断りします。




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

LINKS

PROFILE

search this site.

PR

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ありがとう! また来てね♪